FC2ブログ
Log in | Home

あらゆる物事をM視点で語るブログ

日々妄想

青春狂想曲

中学生時代、有事(?)に備えてキスや腰を振る練習をしたものだ。
相手の当てもないのに、壁に唇を当ててレロレロレロレロ。ソファに腰を押し付けてカクカクカクカク。
あの頃のことを思い出すと顔が赤くなる。若いというのは恥ずかしいものですね。

それでも、それでも私は思うのです。若いというのはいいものだと。あの頃の私には未来への素朴な希望があった。明日には大好きなあの娘とキスが出来るかもしれない、明日には大好きなあの娘と同じベットに潜り込めるかもしれない、そんな素朴な希望。
たまには気持ちだけでもあの頃に戻ってみるのも悪くない。壁に向かってキスの練習をしていた、素朴な希望を見ていたあの頃に。

というわけで、有事(?)に備えて聖水を飲む練習をしてみることにした。



といっても何をしたらいいのかわからないので、とりあえず全裸で寝転んでペットボトルの水を至近距離から注ぎ込んでみる。

ゴクッ

ゴクッ

ゴクッ

グフッ

ブハッ、ゴホッ、ゴホッ、ゴホッゴホホッ

グハッ、ドハッ、アハッ、あszwsぇdcrvftgbyhぬj








…溺れ死ぬかと思った。
うーん、意外と難しい。
飲み込むタイミングがわからん。そもそも顔を上に向けて液体を飲むという行為自体、日常にないからなあ。

聖水を飲む時だけち○こ付けて欲しい、と思ったんですけど。そうすれば、下唇とモノが触れることによって安定がとれるし、顔を正面に向けて飲める。
聖水専用着脱式ち○こ。どうですかねえ。

あと、手をどこに置けばいいんでしょう。何か無意味に中空を彷徨ってたんですけど。
本番(?)は処女がシーツを掴むが如く、ご主人様の太ももを掴む感じですかね。




にしても、
…む、虚しい。俺は馬鹿か…。
あの頃に戻るのは今日限りにしよう…。
酒!酒!

Comment
cecilie [URL] #-
ゴクッ  (^-^)

ゴクッ (^-^)

ゴクッ (^-^)

グフッ (^_-)

ブハッ、ゴホッ、ゴホッ、ゴホッゴホホッ  (-_-)!

グハッ、ドハッ、アハッ、あszwsぇdcrvftgbyhぬj
(ー_-)/"


まるで駄目なあなたに
私が持ち前の器用さで指南して差し上げるわ。

ほら、空をつかむ手は、私の腰にあてて私を支えるの。
ちゃんと粗相のないよう、加減して出してあげますから。




なんて(笑)
本当に健気で愚かしくて‥素敵ですわ。
なんという!!笑 2009.05.05 Tue 02:15 [Edit]
Homer [URL] #Tnp6hBJo
 あ、そういう練習方法があったんだ! やってみようっと。

僕の場合、よくビデオなどでみかける女王様が仁王立ちで(手に腰あてて)立ちションするポーズは好みでないんですよ。まあ、命令されたらしかたないけど、最初は(Mが)あおむけでなくて、土下座スタイルで、女王様は立て膝でなさってもらうイメージでしたね。
 これだと、空港にある水飲み機みたいに、聖水が横、あるいや少し上向きで発射されるので飲みやすいと思う。こぼしてもむせることないしネ。



   どうでもいいか、そんなこと。
         
                (* ̄▽ ̄) ニヤリ


いいこときいた 2009.05.05 Tue 09:18 [Edit]
cecilie [URL] #-
>>homerさん

そのようなやり方もあるのですね。
参考にさせていただきます。

けれど、やはり主側としては自身の陰部から尿が排泄される様というのは見たくないもので‥
奴隷が辛いのは承知ですけれど(笑)私は陰部toマウスが一番理想的ですわ。
加減して出せば粗相の心配もありませんしね^^
なるほど^^ 2009.05.05 Tue 16:45 [Edit]
makoto139 [URL] #-
コメントありがとうございます。


…ドキドキしちゃいました。

ご主人様にコントロールして頂ければ、粗相のないよう飲み干せるのでしょうか。
正直、自信ありません。
Re: なんという!!笑 2009.05.05 Tue 20:33 [Edit]
makoto139 [URL] #-
コメントありがとうございます。

や、この練習方法明らかに欠陥があります。
いくら何でもあんなに大量に聖水は出ないかと。もっと、少しずつ長い間出るものでしょう。よくわからないですけど。
あと、水浸しになった自分の体や床を拭く時の空しさたるや…。


聖水を出すスタイルはあまり考えたことなかったですねえ。
正直、おしっこを飲むという行為自体視野に入ってなかったですから。
マゾ失格ですね。
Re: いいこときいた 2009.05.05 Tue 20:45 [Edit]








(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://gobouya.blog102.fc2.com/tb.php/57-b6ef74f3
プロフィール

makoto139

Author:makoto139
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム