FC2ブログ
Log in | Home

あらゆる物事をM視点で語るブログ

日々妄想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつかどこかの精液

精液が消える。そんな体験をした事はないだろうか。
自慰したあと、何気なくティッシュを開いて確認してみる。
ない。間違いなく出して、確かにティッシュで受けとめたはずなのに。
下を見ても、上を見渡しても、カバンの中も、机の中も、探してみたけれど、ない。
匂いと放出した感触だけはあるのに、精液だけが消える。男性なら一度や二度は覚えがあるはずだ。
ミステリーである。一体なにが起こっているのか。証拠は乏しいが、いくつかの仮説は立てることができる。
その中で私は「精液タイムトラベル説」を押す。
つまり、射精の瞬間になにがしかの理由によって時空に歪みが生じ、精液はここではないいつかの時代のどこかへ飛ばされたのだと。
例えば、上杉謙信が武田軍に送った塩の中に。
例えば、長嶋茂雄が天覧試合に打ったサヨナラホームランのボールと共に。
逆に私達は時空を越えた精液を目にした事があったはずだ。
こんな体験に覚えはないだろうか。遂10秒前にはなかったはずの精液が目の前の床に忽然と現れる、そんな体験だ。
それは織田信長と森蘭丸が愛しあった末の精液がタイムトラベルした代物なのかもしれない。
或いは、夢精なんて現象はタイムトラベルした精液がたまたま寝ている男のパンツの中に入り込んだだけなのかもしれない。
愛する女性に着床するはずだった精子が見知らぬ男のパンツの中に。悲劇である。

…何て事を切羽詰まった深夜1時の職場で妄想していた私はもうダメになっているのでしょう。
よし転職しよう。
Comment








(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://gobouya.blog102.fc2.com/tb.php/360-fcd9167a
プロフィール

makoto139

Author:makoto139
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。