FC2ブログ
Log in | Home

あらゆる物事をM視点で語るブログ

日々妄想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うどん大好き

 独り身の私が想像する子供が好きな食べ物といったら、カレーライスやハンバーグ辺りを思い浮かべるのですけど実際のところはどうなのでしょうね。今の子供はもっとシャレたものが好きだったりするのでしょうか。チーズフォンデュやビーフストロガノフとか。或いは渋くヒラメのエンガワとか。
 私が子供の頃にお気に入りはうどんでした。
 自家製の麺を使っていたわけでも、出汁に拘っていたわけでもない、ごく普通のスーパーで5袋数百円で売っているような冷凍うどんをそれこそ毎日のように食べていたように思います。
 本当、何がそこまで私を夢中にさせていたのでしょう。出汁をたっぷり吸った麺を啜った時に鼻をくすぐる鰹節の香りとかでしょうか。そんなわけありませんね。実際のところは、我が家の経済的事情により毎日登場することになったうどんを食欲の赴くままにただひたすら食し続けただけ、といったところではないかと。
 まあ、美味しかったですけど。

 三つ子の魂百までじゃないですけど、成長してからもうどん好きは変わりませんでした。
 数年前は丸亀製麺によく通っていましたね。この店のうどんで私はコシという概念を知ったのかなと思います。あのプリプリした弾力ある麺。いいですよねえ。釜揚げとかぶっかけとかの初体験も丸亀製麺のはず。
 毀誉褒貶ある店のようですが、私には十分魅力あるお店ですね。神天ぷら、かしわ天もあるし。
 そして、最近はまっているのが、九州地方を中心に展開しているうどんチェーン店『ウエスト』。
 ここはすばらしい。
 麺が前述の丸亀製麺とは違って、コシをほとんど感じないゆるゆるのやわらか麺なんですよね。そのかわり、口ざわりが凄くいいんです。まるで赤ちゃんの肌のような決め細やかで優しい感触で、それが唇に触れた時の気持ち良さといったら。快感です。
 勿論味もいいです。
 チャンスがあれば1度食べてみてください。

 
さて、ペニバンなんですけど。
 ペニバンには、鑑賞する悦び、入れられる悦びの他に、口に含む悦びがあると思うんですよね。
 私自身、初めてのペニバンプレイで一番感じたのが口に含む悦びで、それも女王様のペニバンが口に突っ込まれているといったようなマゾヒスティックな悦びではなく、もっと原始的なただ唇が気持ちいいというような悦びで。あのゴム?シリコン?が唇に触れる気持ち良さですよ。
 それと、ペニバンを甘噛みした時の歯ざわりの気持ち良さもいいんですよね。いわば、ペニバンのコシを味わうわけです。
 女王様は「歯を立てるな」などと言いますが、痛みなんて感じないわけですから。ペニバンの口ざわり、歯ざわりを楽しむプレイもあってもいいと思うのです。そう、うどんを楽しむように。
 というか、ペニバンも麺みたいなものじゃないでしょうか。
 唇で楽しみ、歯で楽しみ、喉で楽しみ、そして、仄かに香る匂いを鼻で楽しむ。うどんもペニバンも一緒。ペニバンは麺である。
 いやあ、三つ子の魂百までですね。
Comment








(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://gobouya.blog102.fc2.com/tb.php/356-46fd48da
プロフィール

makoto139

Author:makoto139
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。