FC2ブログ
Log in | Home

あらゆる物事をM視点で語るブログ

日々妄想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼女の王国

首都圏連続不審死事件の被疑者、木嶋佳苗のブログが一部で話題になっていたので読んでみたのですが、いやこれ本当に凄いですね。

木嶋佳苗の拘置所日記

文章の上手さだとか、罪の意識が微塵も感じられない件だとか、現状に対する異常な鈍感さとか色々思う事はあるのですが、このブログとしてなにより触れておきたいのは彼女と支援者達の関係から漂う濃厚なfemdom臭です。
以下引用

Q9:あなたはいつも私のことを、「尊貴な女性」と言います。どのようなことから尊貴と感じるのでしょうか?
A9:人生は物語であり、登場人物にはそれぞれの役目があります。過酷な役目を与えている人は、その役をこなすレベルの崇高な魂の持ち主。この世での大変な役目を引き受けて生まれてきた女性、それが貴女です。

スーさんは妻から

「いつも佳苗さん、佳苗さんと思いながらオナニーしてたんでしょ! そんな汚い手で私を触らないで!」

と言われたそうです。 しかし、次に続く

「これも当たっているので何も反論できません」

の一文に私は釘付け。

「当たっている」 すなわち、私を思いながらオナニーしていた・・・。 恋愛感情があったからこそ支援してきたという衝撃告白を超える驚き。



私は、男性ばかりの支援チームメンバーに指さし確認しましたよ。

「ちょっとお尋ねしますけど、このサポートは恋愛感情に基づくものでしょうか?」と訊きました。 いたって真面目に。 そうしたら1人出てきました!

「5年前に佳苗さんが逮捕された時から、私の思いはあなた一筋でしたよ。 今もこれから先も愛し続けます。 他人がどう思おうと気にしない。 木嶋佳苗マジで大好き。」


…これは一体なんなのでしょうか。
無実の罪を晴らそうとか、逆に罪を償おうとか、そういった意識が一切見当たらないのが凄いというか怖ろしいというか。
興味ないんでしょうね。興味あるのは自分とその取り巻きとの世界、云わば、彼女の王国。それが全てなんだろなあ。
Comment








(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://gobouya.blog102.fc2.com/tb.php/302-b7537efa
プロフィール

makoto139

Author:makoto139
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。