FC2ブログ
Log in | Home

あらゆる物事をM視点で語るブログ

日々妄想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナガズム

『男の潮吹き』なるものを最初に発見したのは誰か。
今となってはわかりようがないが、果てしなく行われてきた営みの中で発見され、誰かが誰かに語り水面下で広がっていったのだろう。そして、遂には挑戦的なAVメーカーが映像化し『男の潮吹き』は多くの人に発見される。今日では、一般的なマスメディアにも紹介されるメジャーな現象になった。
…メジャーは言い過ぎでしょうか。それでも、男だけの飲み会(通称、男子会)で話題になる位の知名度にはなったと思うんですよね。デキル男達の話題といったら、『男の潮吹き』か『エネマグラ』或いは『催眠オナニー』ですから。

で、『男の潮吹き』の次は何かとデキル男たちはアンテナを尖らせているわけですが、おそらく次は『アナガズム』になるのだと思います。
いえ、断言しましょう。一年以内に『週刊SPA!』辺りが『アナガズム』特集を組むと。
『アナガズム』とは何か。


アナガズム

アナル開発研究家、緊縛師である遥美沙樹さんが発見・開発した技術のこと。男性の肛門内にある7つ、或いは8つの性感帯を刺激することにより、女性のそれと同じような絶頂を味わうことができる。

といったところでしょうか。
ちなみにアナガズムは「挑戦的なAVメーカーが映像化」の段階までいっていて、作品はこちら(harukamisaki.com/home.html)で紹介されています。


私は
アナガズムSM アナルでイキまくる男
FEVER JUICY MATSUTAKE 残酷 新型オヤジ狩り by JKB69 vol.1 瀬名あゆむ 松下ひかり 早瀬ありす
FEVER JUICY MATSUTAKE 残酷 新型オヤジ狩り by JKB69 vol.2
オスガズム 北川エリカ
オスガズム 春原未来

辺りを鑑賞しましたが、どれも衝撃的でした。
私のような性癖の人間は、女性が逝き狂うというコンセプトの作品を目にするたびに思っていました。何故男が逝き狂う作品がないのだと。
ええ、優に10年は待ちました。『オスガズム 北川エリカ』だったと思うのですが、あまりに強烈な快感を受けた男が恐怖に震えるシーンがあるんですね。これですよ。これこそが男が逝き狂う作品です。

そして、遥美沙樹という稀有な才能を映像として記録に残した、この1点だけで上記作品群には途轍もない価値がある。本当ね、外野としては後世の変態達の為にも撮れるだけ撮っとけと思います。


ただですねえ、上記作品のほとんどは衝撃的なのに、いえ衝撃的であるがゆえにでしょうか、AVとしての実用性が低いんですよねえ。要するに、あまりヌケない。少なくとも、私にとってはそうでした。
なんでしょうね。まず、そもそも画面内で繰り広げられてる光景がいまいち理解できないというのがあるのかもしれません。『アナガズム』という後世に残すべき貴重な映像であるがゆえに、こちらとしては理解できないというか。
さらに、もっと身も蓋もない問題をいうと、画面に男だけが写ってる場面があまりにも多すぎるんですよね。男が逝き狂う作品を見たいといったその口で、男が写り過ぎるなどと不満を述べる態度は贅沢に過ぎるのはわかっているんですけどねえ。これまた『アナガズム』という貴重な現象を映像に残そうと意識し過ぎるがゆえに起こる問題なんですかね。
『アナガズム』でヌケる作品を作るには、もう少し一般化する必要があるのかもしれません。

また別のアプローチとして実用性を度外視した、記録映像としての『アナガズム』作品を作って欲しい。7つの性感帯をそれぞれ刺激した時の反応の違いや、開発が進むにつれて肉体がどう変化するのかをただただ記録していくだけの作品。興味深いものになると思うんですけどねえ。
或いは、教則ビデオとか。


まあ、とにかく沢山作品を残してほしいものです。
Comment
mit [URL] #-
「男の潮吹き」の次は「アナガズム」であろうという点については大いに同感いたします。

是非ともアナガズムを体験したいと思っておるのですが、なかなか機会に恵まれず、もっと情報が欲しいと探索している次第でございます。

ところで、「男の潮吹き」の前は「アナル舐め」だったように思うのですが、いかがでしょう?
 2013.11.22 Fri 22:48 [Edit]
makoto139 [URL] #-
コメントありがとうございます。

そうですね。またまだ、体験できる機会は限られてるようです。
もっと一般化すればいいですね。

「男の潮吹き」の前は「ペニスバンド」では?
或いは「回春マッサージ」か。
Re: タイトルなし 2013.11.25 Mon 00:19 [Edit]








(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://gobouya.blog102.fc2.com/tb.php/272-66d02489
プロフィール

makoto139

Author:makoto139
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。