FC2ブログ
Log in | Home

あらゆる物事をM視点で語るブログ

日々妄想

マゾがそれを見る時

「初対面の時、女性は男性のここを見ている」みたいな特集って雑誌やなんかで定期的に目にしますよね。
まず靴をチェックするとか、爪を見るとか、歯を確認するとか。
本当かどうかは知りませんが、見られている男としてはいい気分はしません。
とはいえ、定期的に特集されるということは需要があるという事でしょう。

そして「初対面の時、M男性はS女性のここを見ている。」みたいな特集を雑誌やなんかででとんと見かけないという事は、需要がないのでしょう。
だが、書く。

Q.初対面の時、M男性はS女性のどこを見ているのか?

A.どうせ、脚なんかをジロジロ見たりするんでしょ。
こんな風に答える輩は、マゾの心理というものを理解していない。というか、確実に馬鹿にしてますよね。
今時、初対面の女性の身体を無遠慮に見るような男などいません。それはM男だって同様です。女性の身体にあからさまな視線を向けるなんてあり得ません。


A.じゃあ、自分が踏まれる姿を想像しながら靴でも眺めるんでしょ。


これもないでしょう。
何故なら、自分がM男であると相手にばれているからです。
マゾが女性の靴を見る事。それは性的的な視線です。確かに我々マゾはS女性が履く靴を見るとき、ああ踏まれたいとか、ああ舐めたいとか、ああ磨きたいとか、妄想してしまうものなのです。
だからこそ、見ない。
M男はS女性を性的な視線で見る事をタブー視するものですからね。

では、どこを見るか。


鞄を見るのではないでしょうか。

前述したように、M男はS女性を性的な視線で見る事をタブー視します。そして、自分がマゾである事をS女性に見せたがるものなのです。
その両方の心理を満たすものが鞄です。
まず、S女性の鞄を見るのは性的な視線ではありません。少なくとも、性的な視線だと気付かれる事はありません。そして、S女性の鞄を持つ事によってさりげなく自分のM性をアピールも出来るわけです。
まあ、つまりM男はS女性の鞄を持ちたがるのです。だから、鞄を見る。じーっと、見る。ひったくりではないかと間違われるくらい見る。

仮説ですけど。
個人的には、S女性と初めて会うとき、我々マゾがやるべき最初の仕事が〈鞄を持つ事〉だと思ってて。だから、鞄を最初に見てしまうんですよね。
でも、本当のところは最初の仕事どころか、相当信頼されないと鞄なんて持たせてはくれません。ですから、初めてそのS女性の鞄を見る時、心に誓うわけです。この方の信頼を勝ち得て、いつか鞄を持たせて頂くのだと。

面白いのは、その鞄が大きくて重いほどマゾとしての悦びが減る事です。重いものを持つのはマゾ云々ではなく、男としての義務ですからね。いかにも、女性ものの軽い鞄を持つ事こそ悦びというわけですね。
プロフィール

makoto139

Author:makoto139
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム