FC2ブログ
Log in | Home

あらゆる物事をM視点で語るブログ

日々妄想

M視点で語る映画⑥『大奥〈男女逆転〉』

あらすじ
男だけを襲う謎の疫病が席巻して8割の男が死に至った江戸時代、すべての重要な仕事を女が占め、男が体を売るという男女逆転の浮世と化していた。その結果、一人の女将軍(柴咲コウ)に3,000人の美しき男たちが仕える女人禁制の男の園、大奥が生まれ、ぜいを極めていたが、そこに一人の若い侍(二宮和也)がやって来る。(シネマトゥデイより)


今さらですが、私はマゾです。そして、マゾに生まれたからには、マゾとしての生(性)を楽しみたいと思っています。
そんな風に考えている私が、レンタルビデオ屋で『大奥〈男女逆転〉』というDVDを見つけたらどうするべきだろうか。
…借りるでしょう!
何せ男女逆転ですよ。男女逆転。きっと、女尊男卑的シーン満載の作品で、3回はいけるはずだと考えた私を誰が責められようか。



…まあ、実際は1回もいけなかったのですが。いえ、それ以前に女尊男卑的シーンなんてほぼ皆無ですよ。
あるのは、二宮君の半裸シーンとか、二宮君と美男子の殺陣とか、二宮君と美男子のキスシーンとか、男に犯されそうになる二宮君とかです。
二宮地獄ですよ。二宮君ファンだったら2,3回はいけるのでしょうけど。
要するに、これはある種の女性へ向けての作品なのでしょう。目の保養作品といいますか。間違っても、マゾ向けの作品ではないのです。皆さんもお気を付けて。ああ勿論、二宮君好きのマゾの方はその限りではありませんが。


とはいえ、マゾ的に見応えのあるシーンもないではありません。
例えば、徳川吉宗演じる柴崎コウは威厳があって良かったですよ。二宮君を見下ろすシーンなんかは使おうと思えば使えます。
あとは、将軍(女)のはじめての相手をする男は、性の手ほどきをする重要な役割であると同時に体を傷つける重罪人でもあるので、打ち首となるという設定は面白いなと思いましたね。
処女の相手になるということは、死を意味する。いいですねえ。


というわけで、結論としましては柴崎コウの威厳でいきましょうということで。
プロフィール

makoto139

Author:makoto139
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム