FC2ブログ
Log in | Home

あらゆる物事をM視点で語るブログ

日々妄想

奴隷が未熟さ故に間違いを犯したとしましょう。
大抵の奴隷は反省します。もう2度とこのような事はすまいと態度を改めます。もっと言葉遣いに気を付けようとか、もっと立ち居振る舞いに気を使おうとか、少しでも御主人様に相応しいような奴隷に成長できるよう努力します。これ、真っ当な奴隷の思考ですね。
でも、私はそんな風に考えなさそうだなと。勿論、反省はしますよ。反省するところまでは一緒です。その先は、それこそ成長とは真逆に突き進むような気がします。つまりは、自分に力があるからこそ御主人様に不快な思いをさせるのだと。もっともっと非力にならなければ、もっともっとちっぽけな存在にならなければならない。それこそ、御主人様の目には虫けらと変わらないように見える位に。そんな風に考えそうな気がします。虫けらに御主人様を不快にさせる力はないですからね。
とはいえ、虫けらのように捨てられるのは勘弁願いたいわけで。御主人様に所有し続ける価値がある虫けらと証明しなければなりません。いや、難しいですね。価値ある虫けらって …。
どうすりゃいいんだろ。
うーん…。
うーん…。
…。
…。
…。
まあ、結局のところ「一寸の虫にも五分の魂」があるところを証明するしかないのでしょうね。
うん、何か上手い事言った気がします。

お後が宜しいようで。
プロフィール

Author:makoto139
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム