FC2ブログ
Log in | Home

あらゆる物事をM視点で語るブログ

日々妄想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童貞マゾものあれこれ

日本男子の中に処女信仰が復活しているそうで。


…あまり気分のいい記事じゃないですね。特に女性な方は嫌な気分になるかもしれません。
ただ、私は記事内の男達と似たような境遇でしたからね(過去形にして見栄を張ってみる)。記事内の処女信仰の方達の気持ちはわからないでもないんですよ。
童貞であるが故に恋愛経験が少ないが故にコンプレックスを感じ、他の男と比べられたくないから、付き合う女性は処女がいい。その思考回路は理解できてしまうのです。
ところが、私は「処女教信者」にはならなかったわけです。共有できるのは、童貞であるが故に恋愛経験が少ないが故にコンプレックスを感じ、までなんですよね。
私の場合は、童貞であるが故に恋愛経験が少ないが故にコンプレックスを感じ、他の男と比べ興奮するなんです(笑)
相手の初体験の年齢に興奮して、相手の経験人数に興奮して、その経験豊富な女性に簡単に逝かされる事を想像し興奮して、と「処女教信者」とは真逆の方向ですね。

まあ、別段珍しい性癖ではないですけどね。むしろ、処女教信者が増えているのであれば、裏返しであるこの手の性癖の持ち主もまた急増していると考えるのが自然ではないでしょうか。


20代前半童貞時辺りですかね、私がその手の嗜好に目覚めたのは。
某巨大掲示板の『一生童貞に萌え』 とかどれだけお世話になったことか。他にも『高齢童貞だったけど初体験できました!』とか。忘れてはいけない、『男なんて、すぐにイッちゃう下等生物』とかね。そこから派生した『男をイカせることに、こだわる部屋』とか。最近だと『男の理性とプライドを手玉にする』ですか。

でも最近は、その手の嗜好にはそそられなくなってしまいましたねえ。『経験豊富な年下の女に興奮する童貞』なんて盛り上がってるんですが。


それはきっと私の中で恋愛経験が少ない、経験人数が少ないということがコンプレックスでなくなってしまったからなのでしょう。
なぜコンプレックスでなくなったのか、それは自分でもわかりません。別にもてるようになったわけではないですからね。
ただ、その手の嗜好から自由になれたのは良かったとは思います。何というか、これでようやく自身の性癖に惑わされず、本当に尊敬できる方を御主人様とする事が出来る気がするんですよね。


…とはいえ、今でもお酌などしながら、ご主人様の過去の恋愛話を聞くというのが夢のひとつだったりするのですが
プロフィール

makoto139

Author:makoto139
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。