FC2ブログ
Log in | Home

あらゆる物事をM視点で語るブログ

日々妄想

変わらない

そいつとは高校時代からの付き合いでした。といっても、特別に親しかったわけでもなく何かあれば話す程度のものでした。本当に親しくなったのは同じ大学に通うようになってからですかね、うまがあったのでしょう日を追うごとに親密な関係になっていきました。ある一時期など同棲までしていましたから。
…そいつ男ですけど。いわば、世間で言うところの親友だったんでしょう。

空いた教室で、9時から5時まで延々とどうでもいいことを話し続けたり、
夏休みに2人で1ヶ月間リゾートホテルにバイトに行ったり、
その帰り道に何故か長野から東京までヒッチハイクをする羽目になったり、
バイトで稼いだ金で、そいつが包茎手術をしたことが判明し仲が険悪になったり、
合コンでそいつと2人だけで盛り上がってしまい、玉砕したり、
男2人女2人での遊園地デートで、そいつと2人だけで盛り上がってしまい、玉砕したり、
そいつが役者を目指すべく大学を中退するまで、ほとんどの時間を一緒に過ごしていた気すらします。

そいつとの思い出を振り返っていると、自分にも青春というものがあったんだなあと悪くない気分になりますね。


社会に出て、5年くらい経った頃でしょうか。そいつから連絡があり、酒を飲みながら語り合いました。
本当に久しぶりですから、まずはお互いの近況についてです。それから社会人らしく上司への愚痴なんかも話した気がします。夢なんかも語ったでしょうか。でも、結局はやっぱり、あの頃と同じように何の意味もないバカ話。
一通りバカ話をした後、彼はポツリとこんなことを言いました。
「お前は変わらねえなあ。」
皮肉も含まれていたのかもしれませんが、私は嬉しかったですねえ。

それからしばらくは頻繁に会ってはバカ話をするようになりました。青春が戻ってきたような気分でした。変わらない会話。変わらない関係。
…ま、幻想ですよね。
ある時、私はそいつに対して説教じみたことを語ってしまいました。
「お前も遊んでばかりいないでいい加減働け。」
とかそんなような事だったと思います。
口に出した瞬間に後悔しました。気まずい沈黙が場を支配しました。
その事だけが原因ではないと思いますが、そいつとの関係は再び疎遠になり今に至っています。



変わらない関係というものに憧れます。
お互い社会人になって、一方は成功者になっても一方は落伍者になっても、一方は綺麗な嫁さんをもらって一方は童貞のままでも、会えば変わらず中学生のようなバカ話をする関係。そういうものに憧れます。

それは主従関係でも同じです。
例えば、ご主人様に彼氏が出来て、その彼氏と結婚することになって、自然主従関係も疎遠になって、それでもしばらく経って久しぶりに会ってみたら変わらず主従の関係で。当然のように土下座した頭を踏みつけられたりして。
「お前は変わらないねえ。」なんて言葉を頂けたら感激ですね。



私は変わらない。
ある人にとっては、私はいつまでも下らない話しばかりするアホで。
ある人にとっては、私はいつまでもどうしようもないマゾ奴隷。
でそいつが「お前は変わらねえなあ。」と。
でその方が「お前は変わらないねえ。」と。


…そういう風になれたらいいなあ。
プロフィール

makoto139

Author:makoto139
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム