FC2ブログ
Log in | Home

あらゆる物事をM視点で語るブログ

日々妄想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪食

「黄金プレイ愛好家にも色々細かいこだわりがあるわけよ」
 最近、変わったプレイを体験したかぶっとんだM男に遭遇したか尋ねると、現役SM女王様である彼女は少し考えて言った。
「便器として扱ってほしいとか、幼少期に戻って泥んこ遊びをするようにそれにまみれたいとか、神聖な雰囲気の中でそれを食したいとか、色々あるわけ」
 だからこそ彼女はプレイ前にカウンセリングをしっかり行うのだという。黄金プレイをしましょうなんて曖昧な合意で始めたら大変な事になるからだ。
「失敗した黄金プレイほど悲惨なものはない」
 彼女はそう断言した。
「途中でどんどん客の顔が醒めていくの。客の中で黄金プレイがただの排泄行為に変わっていくわけね。私の方が羞恥プレイを受けている気分になる」
 黄金がただの排泄物に。さながら、新婚カップルが一瞬にして冷め切った夫婦生活になってしまうようなものだろうか。なるほど怖ろしい。
「だから、黄金プレイをしたいというそのお客にもしっかりと細かい要望を尋ねていったわけ」
 写真を撮りたいと彼女は言ったのだそうだ。
「最初はお断りしたの。うちはプレイ中に写真撮影は禁止しているから。でも、よくよく聞いてみると彼が撮りたいのはプレイじゃないみたいなのね」
 黄金そのものを撮りたいのだという。
「まあ、そういう人もいないわけではなかったのね。でも、彼は続けてこう言ったの」
 彼女は声色を変えて言った。
「写真を撮ってインスタにアップしたいんです。僕は出された食事は必ずそうする事に決めているので」
「…私、正直気持ち悪いと思っちゃって。だってさ、その人にとってそれが黄金なのか排泄物なのかわからないけど、どちらにせよ食べ物ではないわけでしょ。はっきりいって、黄金を食べ物だと思ってる人なんていないわけよ。少なくとも、日常の食べ物だとは考えていないはずなの。でも、彼は何というか…、黄金を食べ物として食事しにきているようなふしがあって…。気持ち悪いと思ったし、もっと言うと、怖いなと思ったのね」
「で、プレイはしたの」
 私は聞いた。
「勿論、したよ。これでもプロ意識位あるからね。それなりに満足してくれたんじゃないかな。お礼というわけじゃないのだろうけどインスタのアドレスも教えてもらっちゃったしね。…勿論、見たよ。何といえばわからないよね。普通の食事写真に混ざって、黄金やら聖水やらタンポンやら爪やらカサブタやら足の裏の角質やら何かの骨やら白い脂肪と赤黒い肉がくっついた何かの皮膚やらがアップされてるんだから」
 その後、彼が訪れる事はなかったし、彼女もインスタを見ることはなかったそうだ。
「そのうち、とんでもないものがアップされそうでね…」
彼女は苦笑いしながら言った。

弟とその彼女

 高校生の時に彼女ができた。
 …弟に。
 初めての恋人だったと思う。

 ある時、その弟と彼女が子供の頃のアルバムを見て盛り上がっていた。
 「どれが俺かわかる?」「○○君、坊主だったの?」
 そういった微笑ましい会話が私の部屋まで漏れ聞こえてくる。
 30分か1時間位経ってからだろうか。気が付くと2人の会話は小さく低くなっていった。それは、幼い頃に襖越しに聞いた両親の声のように密やかに私の耳に届き、消えていった。
 沈黙。
 それから、わずかに衣服が擦れる音。
 また、沈黙。長い沈黙。
 そして、再び小さく低い声で交わされる会話。
 会話の内容まではわからなかった。或いは、私の存在を意識していたのかもしれない。それでも、私は一言も聞き漏らすまいと神経を集中させていた。
 きっと色々知りたかったのだと思う。

 弟と彼女が部屋を出て、しばらくしてから弟の部屋に入った。
 アルバムが乱雑に置き放されているのとは対照的にベッドは綺麗に整えられていた。
 全体が視界に入る位置に正座してベッドを見た。いや、ベッドを見上げた。
 想像する。
 弟と彼女がした事を。冴えない私がしていない事を。マゾの私が出来ない事を。もしかしたら、一生縁がないのかもしれない事を。聖なる行為を。
 その瞬間、目の眩むような恍惚が身体を駆け巡った。
 私は急いで自分の部屋に戻って、射精をした。
 それから、ことあるごとに弟の部屋のベッドを正座して見上げた。
 あの頃の私は弟とその彼女を崇拝していたのだと思う。

 さらに、数年後。私にも彼女が出来た。部屋に呼んで、アルバムを見せた。弟の彼女のように振る舞ってくれるのを期待していたのだと思う。セックスを恐れていた私の心の拠り所はベッドを見上げて想像した、弟と彼女だったのだ。
 そして、弟と彼女の行為をなぞるようにしてセックスをした。23才だった。結果は散々。それでも、それから何度もセックスをした。その度に、弟と彼女に対して劣等感を覚えた。高校生の彼女達に出来たことが自分にはできない、それが快感だったのだと思う。
 あの頃の私にとって、弟とその彼女は憧れの存在だったのだろう。

 そして、現在。弟とその彼女は結婚して、3人の子供にも恵まれた。仲良く幸せに暮らしている。
 私の方もいつの間にか、彼らに対して崇拝心も憧れも劣等感も抱かなくなってしまった。あるのは人間としての尊敬のようなものだろうか。
 まあ、頭が上がらない事には変わらないのだけれど。

末代

コピペのコピペ。

807 名前:名無しさん@そうだドライブへ行こう[] 投稿日:2015/03/06(金) 19:59:01.44 ID:HTO/GBFS0
昔、六本木にあった西の木という有名なゲイバーで、
男同士がキャットファイトが始め、
「あンたなンか、末代まで呪ってやらるッー!」
「あンたもあたしもゲイなンだから、末代なのよぉーッ!」
という地獄を見たことがある。


笑った。
…いや、笑えない。

7年以上憧れ追い求めてきたけどもう潮時みたいだ。気が付けば友人達は結婚し子供までいる。一方で自分には何もない。

今からでもそれらを目指せばいいのだろうけど、残念ながら興味がない。かといって潮時だとわかってしまったものを追い求められるほど強くはない。

自分は末代だと言い切れる覚悟がほしい。


私の父親の兄にあたる人が、今でいう引きこもりだった。しかも40年以上という筋金入りの。
父の父、つまり祖父は非常に優秀な人だったそうだ。地元の町会議員を数十年務めあげ地域発展に貢献したという。
山に囲まれたド田舎なのに上下水道が完備されているのは祖父のおかげ。
やたら立派な道路が町の縦横を走っているのも祖父のおかげ。
我が町の田中角栄、なのだそうだ。

その優秀な血筋を受け継いだのが、父親の弟にあたる叔父だ。叔父は某有名大学を卒業し、某1部上場企業で重役をやっている。また、その息子も国家1種公務員試験に合格し、この春からキャリア官僚だそうだ。祖父にとっては自慢の息子達であっただろう。

一方で我が父親はどうだったかというと、残念ながら早いうちに祖父に見切りを付けられてしまったようだ。父もまた祖父に反発して、早いうちに地元を出てしまった。孫である私達が生まれてからは関係は修復したものの、最後まで祖父にとって父親はどうでもいい存在だったのだと思う。

さて父親の兄、伯父は徹頭徹尾いないものとされていた。家族誰一人として語ることもなかったし、伯父自身も家族の前に現れることもなかった。私達孫にとって伯父は母屋の影にひっそりと建つ離れにいるよくわからない人だった。

離れに近づいてはいけないと父や祖父にきつく言われていたのだけれど、私達はよくその離れに探検しにいった。
伯父は私達を快く迎えてくれていたように思う。離れは自分の家や母屋のように綺麗に整頓されておらず、どこか雑然としていたのだけれどそれが何だか居心地が良かった。

ある時、伯父が私の似顔絵を描いてくれた。何本も何本も線を引いていくにつれて自分の顔になっていくのが魔法のようで、私はその似顔絵が欲しくて仕方のなかったからねだったのだけれど、伯父はなかなか渡してくれなかった。
どれくらいの時間、駄々を捏ねていたのだろうか、伯父は仕方ないなあといった風にこう言った記憶がある。
「じゃあそれと交換っこしようか」
指をさした先には私の靴があった。
「○○ちゃんの靴と交換っこ」
その口振りにいつもと違うなにかを感じたのだろうか、急に怖くなったのを覚えている。
私は似顔絵をひったくるように奪い、裸足で母屋に逃げ帰った。
それ以来、離れに探検しにいくことはなかったように思う。

祖父の葬式で、伯父に再会した。
喪主は父が勤めた。長男である、伯父はここでもいないものとされた。
正しい判断だったと思う。伯父は子供のように泣きじゃくっているだけだったからだ。

祖父と伯父はどういった関係だったのだろうか。伯父が引きこもった理由もよくわからない。ただ、警察沙汰の何かがあって祖父はそれを揉み消したという噂がまことしやかに語られているだけだ。
そして、祖父は伯父の引きこもりを死ぬまで許し続けた。それは父親相手のように見切りをつけることもなく、守り続けたようにも見える。もしかしたら、伯父もまた祖父の何某かの血を受け継いでいたのかもしれない。どうしても見捨てる事の出来ない何某かの血筋。

数か月後、伯父は祖父を追うように死んでしまった。
葬式は密かに行われ、伯父は今度こそ完全にいないものとされた。

遺品整理、というより、探検しに離れにいった。
時が止まっているかのように、相変わらず雑然とした部屋。
古雑誌、ゲーム機。スケッチブック。その中から、あの時の私の靴が出てきた。
その靴は伯父にとってどんな価値があったのだろうか。

末代という言葉を見ると、伯父の事を思い出す。
でも、そうですね。祖父の優秀な血筋は叔父が受け継いだ。一方で祖父の公にできない何かを伯父は受け継いだのかもしれません。そしてそれは…。

靴。靴はいいですよね。子供の靴には興味ないけど、美しい女性の靴は大好物です。コレクションしたい。


メリークリスマス

 会社の面接では必ず志望動機を聞かれる。今の会社の面接でも志望動機を聞かれた。何と答えたのかは忘れてしまったのだけど、マニュアルに従って「昔から○○業界には興味があり…」などとでっち上げたのだろう。本当のところは「あまり人と関わり合わないで仕事ができそうだから」などという舐めた志望動機だったのだけど。
 昔から人と関わり合うのが苦手だったのだ。他人と上手く交流できない。コミュニケーション能力が低いのだろう。だから、人と関わり合わないでできる仕事を探したわけだ。
 会社選びの方向性は間違っていなかったように思う。自分を知り、自分に合った仕事を探す。
 まあ、問題は人と関わり合わないでできる仕事などないのだけれど。

 私も入った会社もそうだった。営業職ではないからコミュニケーション能力が直接業績につながるわけではない。だけど、会社には上司がいて同僚がいる。彼らと対話し協力し合わないと仕事にならない。
 はじめは戸惑った。騙されたとも思った。
 ただまあ、人間やってやれない事はない。というか、慣れるもの。次第に仕事を覚え、気が付いたら上司や同僚ともそれなりの関係を築けていた。
 そして、数年経つと仕事にやりがいなるものまで感じるようになり、後輩や部下めいたものまで持つようになった。


 で、心身が壊れた。
 何故今になってと思う。後輩や部下なるものの存在が重荷だったのかもしれない。何とも言えない。とにかく神経がおかしくなった。

 まず、仕事以外何もする気が起きない。何もしたくない。食欲も性欲も減退した。ただただ眠くなった。
 実際、休日になると延々眠ってしまう。寝ても寝ても眠い。酷い時には17時間から眠ってしまう。
 仕事しているか寝ているか。そんな日々を繰り返しているうちに現実感のようなものがおかしくなった。
 目の穴から世の中を覗き込んでいるような、自分がこの世界に生きてる当事者という実感がわかない。
 

 まあ、仕事には影響が何の支障もないわけだし、深刻には考えていない。

 その日も、職場から遠ざかるにつれて体内から熱が失われていった。
 夕食をとっても、味がしない。
 無理やり本を開いてみても、内容が頭に入ってこない。
 眠い。
 ぼんやりした意識の中、今日はクリスマスだという事に気が付いた。

 特別な日だ。…メールを送ろう。

 
 「もう、私の方からはメールはしないから。お前も滅多な事がない限りメールしなくていいよ」
 「特別な日だけはメールさせてください」

 そんなやり取りをして以来、特別な日はあの人にメールをしている。大抵はあの人の誕生日と年明け。クリスマスに送ったことはないと思う。当然だろう。日本においてのクリスマスは恋人同士にとっての特別の日なのだ。疎遠になった私とあの人には特別の日でもなんでもない。いや、そもそも恋人同士だったことなどただ一度もない。
 ただ、ネット上で知り合って、少しの時間メールのやり取りをして、一度だけ買い物のお付き合いをした。それだけ。
 それでも、私には忘れられない人だ。だから、数年経った今でも特別の日にはメールをする。ただの一回も返信が届いたことはないけれど。

 「メリークリスマス。良いクリスマスをお過ごしください」


 誰かが言っていた。クリスマスはキリストが生まれた日。だからどんな奇跡が起こっても不思議じゃない。

 私も奇跡を期待していたのかもしれない。携帯電話を握りしめて、日付けが変わるまで待ってしまった。
 勿論、返信など来ない。少し期待してしまった自分に恥ずかしくなる。
 馬鹿みたいに胸まで高鳴らせている。
 自然と苦笑がこぼれる。
 仕事外の時間でこんなにも高ぶったのは久しぶりだ。

 その日は、奴隷としてあの人の買い物にお付き合いをした日を思い出して自慰をした。久しぶりの射精だったように思う。

クリスマスはキリストが生まれた日。だからどんな奇跡が起こっても不思議じゃない。

確かにその通り。…何て書くのは罰当たりだろうか。

トイレを貸してください

 コンビニのトイレなどで、以下のような文面の貼り紙を目にします。
 『防犯のため、トイレを使用する場合は必ず店員に声をお掛け下さい』
 要約すれば「お前が怪しい奴かどうか面通しするから声をかけろよ」ということですね。
 少々癪に触らない事もないのですが、まあ様々な事件が紙面を賑わす昨今、防犯意識が高いのは悪い事ではありませんからね。こちらも協力するべきだろうと店員に「トイレを貸してください」と声を掛けるわけです。
 ところが大抵の場合、
 「どうぞー」の一言で、大して警戒される事もなく借りられてしまうんですよね。
 いや、いいんですよ。こちらとしては面倒もなくトイレを借りられた方がいいわけですから。ただ、どうなんですかその防犯意識、とは思いますよね。もっとこうあるだろうと。何か損した気分になるんですよね。

 例えばですよ。
 トイレを借りようとコンビニに入ったら、店員が妙齢のセクシーな女性なんですね。ちょっとした恥ずかしさを覚えつつ、
 「トイレを貸してください」と声を掛けるわけです。
 そうしたら、その女性店員がこちらを上から下まで値踏みするように見て、
 「ダメです」と。

 この程度の防犯意識が最低減必要なのではないかなと思うんですよね。
 勿論、これが最低限で本当はもっと意識を高く持つべきなのでしょう。例えば、しつこく食い下がってきた時の対処法も考えておくべきです。

 「そう言わずに何とか貸していただけないでしょうか…」

 「い・や・で・す・。いやです」

 とにかく隙を見せない事が肝要です。まあ、それでも押してくる方もいるでしょう。その時は方向性を変えてみる手もあります。

 「お願いします。恥ずかしい話ですが、もう漏らしてしまいそうなんです。トイレを貸してください…」

 「いやだって言ってるでしょ。お前がどうなろうと私は知ったことじゃないの。漏らしそうなら漏らせばいいじゃない。うちでおむつでも買えば。…あ、おむつは売ってないか。じゃあ、そこに売ってる生理用品でしなさい。ちゃんと多い日用を買うんだよ」

 「そんな…。何とか何とかトイレを貸してください。」

 そこまでお願いしてくる客がいるようでしたら、土下座の一つでも強要してから言ってあげましょう。

 「はあ…。そんなに行きたいのなら貸してあげる」

 「本当ですか。ありがとうございます。ありがとうございます。」

 客は急ぎ足でトイレに向かうでしょうから、そこでトドメです。

 「どこへ行くの?お前に貸すトイレはこっち」

 そう言ってから、レジカウンターの下からプラスチック製の洗面器を出すのです。

 「お前はやっぱり怪しいから、ここで、私の見てる前でしなさい。トイレを貸してあげたんだから、笑顔でありがとうございますといいながらオシッコするのよ」

 「…はい。ありがとうございます」

 
 何というお得感でしょう。これ位防犯意識が高い店であれば、何度も行きたくなるってものです。トイレを借りたいと言って、直ぐ貸す既存のコンビニは改めるべきです。じらしは大切。
プロフィール

makoto139

Author:makoto139
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。