FC2ブログ
Log in | Home

あらゆる物事をM視点で語るブログ

日々妄想

うどん大好き

 独り身の私が想像する子供が好きな食べ物といったら、カレーライスやハンバーグ辺りを思い浮かべるのですけど実際のところはどうなのでしょうね。今の子供はもっとシャレたものが好きだったりするのでしょうか。チーズフォンデュやビーフストロガノフとか。或いは渋くヒラメのエンガワとか。
 私が子供の頃にお気に入りはうどんでした。
 自家製の麺を使っていたわけでも、出汁に拘っていたわけでもない、ごく普通のスーパーで5袋数百円で売っているような冷凍うどんをそれこそ毎日のように食べていたように思います。
 本当、何がそこまで私を夢中にさせていたのでしょう。出汁をたっぷり吸った麺を啜った時に鼻をくすぐる鰹節の香りとかでしょうか。そんなわけありませんね。実際のところは、我が家の経済的事情により毎日登場することになったうどんを食欲の赴くままにただひたすら食し続けただけ、といったところではないかと。
 まあ、美味しかったですけど。

 三つ子の魂百までじゃないですけど、成長してからもうどん好きは変わりませんでした。
 数年前は丸亀製麺によく通っていましたね。この店のうどんで私はコシという概念を知ったのかなと思います。あのプリプリした弾力ある麺。いいですよねえ。釜揚げとかぶっかけとかの初体験も丸亀製麺のはず。
 毀誉褒貶ある店のようですが、私には十分魅力あるお店ですね。神天ぷら、かしわ天もあるし。
 そして、最近はまっているのが、九州地方を中心に展開しているうどんチェーン店『ウエスト』。
 ここはすばらしい。
 麺が前述の丸亀製麺とは違って、コシをほとんど感じないゆるゆるのやわらか麺なんですよね。そのかわり、口ざわりが凄くいいんです。まるで赤ちゃんの肌のような決め細やかで優しい感触で、それが唇に触れた時の気持ち良さといったら。快感です。
 勿論味もいいです。
 チャンスがあれば1度食べてみてください。

 

M男による彼女の時代の証言

 …安室奈美恵のファッションを真似る女性を当時はアムラーと呼んでいたのだけれど、ところで、アムラーが変化していってコギャルになったのでしたっけ?それとも、安室を支持した一部のコギャルがアムラーにクラスチェンジしたのでしたっけ?
 コギャルが先かアムラーが先か、いまいち思い出せないのですよね。はたまた、コギャルとアムラーは全く因果関係のない別物だったのだったか。そんな事ないと思うのだけど。
 ようは今にまで続くギャル文化の源流に安室奈美恵がいるのかどうかなんですよね。その有無で彼女の功績がまた変わってくるように私なんかは思うのですが。

 まあ、当時の彼女の影響力は絶大でした。何せアムラーメイクで、アムラーファッションに身を包んだSMの女王様が登場した位でしたから。定かじゃないけど、奈美恵女王様と名乗っていたような覚えがあります。
 私はその女王様の画像でバカみたいに自慰したものです。ある意味、時代と寝た男ですわ。
 大げさにいえば、あの時の女性はみんな安室奈美恵になりたがったし、あの時のM男はみんな安室奈美恵のような女性に苛められたがったというわけです。

 良い時代をありがとうございました。

ワンダーウーマン

いまさらだけど、ワンダーウーマン観てきましたよ。
いやあワンダーウーマン役のガル・ガドット様、素晴らしかった。
上映時間2時間21分。この手のアクション映画で2時間21分は長いですよね。実際、もっとタイトに出来たのではないかと素人ながらに感じてしまいましたもん。
だけど、ガル・ガドット様鑑賞作品としては短すぎるのですよねえ。もっと長くていい。何だったら終わらなくていい。だってさ、編集とかしてるわけでしょ。ガル・ガドット様が写ったフィルムにいらないシーンとかないから。だいたいガル・ガドット様編集するとか何様なんだと。何の権利があってそんな罰当たりな行為をするのかと。ガル・ガドット様を編集していいのはガル・ガドット様だけ!
…取り乱しました。

私が大好きな『悪党が撃った銃弾をワンダーウーマンが腕で跳ね返す』シーンがちゃんとあるのがまた嬉しいじゃないですか。
小学生位の頃にテレビでやっていたワンダーウーマン。そのワンダーウーマンが銃弾を腕で跳ね返したシーンで何故か勃起してしまった時に私のM男人生、いや、人生が始まったのです。そのシーンをおっさんになった今再び見る幸せね。長生きして良かったですよ。

幼い頃観ていたワンダーウーマン


…ださい!でも、エロい!父親と見てた記憶があるのですが、こんなの見せちゃだめだろ…。私がこんな人生歩んでしまっているのは親父のせいだな。

そして、今回のワンダーウーマン


格好いい!
今回のワンダーウーマンは男性向けエロサービスは抑え目になってる気がするのだけど、これでも過剰に性的ということになってしまうみたいだから難しいですねえ。

ジャスティスリーグも楽しみ。



私は私から自由になるべきだ

得てして、私と私は似ても似つかないものだ。で、私と私の差異が私を苦しめたりする。
家族、友人、会社が考える私は長い年月蓄積された関係において産み出された私であるから紛うことなき私ではあるのだけど、時に本当の私ではないと私が考えてしまったりする。
一方で、例えば便器になって女性の糞尿と塗れている私を本当の私だと思い込んだりする。本当にそうだろうか。
私とはなんだろう。本当の私とはなんだろう。果たして、私と私の差異を埋める必要があるのだろうか。私は私にならなくていいのではないだろうか。
私は私でなくても私であり、ある意味どこまで行っても私ではないのだから。

殺伐とした世界

貢ぎは怖いですとか、初めてなんで不安です。とか言うやつ貢ぎ奴隷やめたら? こっちからしたらまじでうざいよ
そんな人間不信なやつ奴隷にむいてない
貢ぎ奴隷って言うのは言うこと聞けて素直にすぐATMに直行できるやつのことを言うの
気になったM男はDMきな



Twitterで拾った。凄いね。

貢ぎ奴隷って言うのは言うこと聞けて素直にすぐATMに直行できるやつのことを言うの

なんて、illでdopeな名パンチライン!まさしく、天下一illerですわ。
何だろう、SMというものからSM要素を全部排除したみたいな行為だなと。過程や様式はどこいったのだと。あれか、ポストモダンってやつか?いや、知らないけど。
Twitter検索するとこんなのが吐いて捨てるほど出てくるからお好きな人はどうぞ。

プロフィール

makoto139

Author:makoto139
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム