FC2ブログ
Log in | Home

あらゆる物事をM視点で語るブログ

日々妄想

映画の感想

『ヘレディタリー/継承』という映画を観ましたよ。

家長である祖母の死をきっかけに、さまざまな恐怖に見舞われる一家を描いたホラー。祖母エレンが亡くなったグラハム家。過去のある出来事により、母に対して愛憎交じりの感情を持ってた娘のアニーも、夫、2人の子どもたちとともに淡々と葬儀を執り行った。祖母が亡くなった喪失感を乗り越えようとするグラハム家に奇妙な出来事が頻発。最悪な事態に陥った一家は修復不能なまでに崩壊してしまうが、亡くなったエレンの遺品が収められた箱に「私を憎まないで」と書かれたメモが挟まれていた。(eiga.com/movie/89273/より)

 滅茶苦茶怖いと評判になっていたのでどんなもんじゃろと行ってみたのだけど、いやきつかった。
 噂に違わぬ恐ろしさでした。なんかもう画面が禍々しいんですよね。ある決定的なことが起こる中盤以降は延々と嫌な緊張を強いられて、心底もう頼むから終わらせてくれと願ってしまいました。
 ほら、これホラー映画だから。あの例の暗闇から心霊的なものがドーンってやつ。あれ。あれをくれ。そう何度も思いましたね。
 粗相をしてしまって必死に謝るのだけど、S女性様は怒りも許しもせずただこちらを無表情で見つめている。どんなお仕置きよりも辛いじゃないですか。で、お仕置きが始まってきついのだけど安心するじゃないですか。それと一緒で。
 なので物語がホラー映画っぽいところに集約されていくとホッとするんでよね。いや、そこも怖いっすけどね。
 物語の幕引きに関しては否定的な方が多いのでしょうけど、私は好きなんですよねえ。
 両親も認めない、社会も認めない、自分自身認め難い、そういう鬱憤がS女性に踏まれた瞬間に全て吹き飛んだ初めての時のあの祝祭感。あれと同じものがラストシーンにはあると思うんですよねえ。マイノリティ性癖の持ち主なら感じ入るものがあるのではないかと。
 どうあれ私はもう2度と見ないけど!

マナー

 最近足しげく通っているM性感店のプレイ料金が気にくわない。
 といっても、値段が高いことに文句を言ってるわけではない。むしろ安い位だと思っている。その店では主にアナル責めをお願いしているのだけれど、どの嬢もテクニックに申し分はないし、プレイ外の接客でも嫌な思いをしたことがない優良店なのである。潰れたら困るので、もう少し払っても良いとすら思う。
 プレイ料金の多寡の問題ではないのだ。私が気にくわないのはお得感を演出したいのかなんなのか知らないが、その中途半端なプレイ料金なのである。
 何万何千何百円とか。いらんのよそういうのは。小銭が出るでしょうが。
 その店ではプレイ前に嬢にお金を渡すシステムなのだけど、それはつまりどうしても嬢が小銭に触れることになるわけで、全くもって気にくわない。
 今の若い方達はどうか知らないが私位の世代はお金は汚いものと教えられ、触れたら必ず手を洗うよう躾けられてきた。
「お金に触った汚い手でものを食べるんじゃない!」といった具合である。そして、子供の頃の躾けだからか、特に小銭は汚いものであるという刷り込みが強い。
 そういうわけでお札はまだしも、嬢がプレイ前に小銭に触れるというのがどうもダメだ。
「小銭に触れた汚い手で俺のアナルに触るんか」と思ってしまう。手を洗うし、ゴム手袋もするし、何よりアナルの方が汚いだろ、というのはわかってるのですけどね。
 何でしょうか、マナー?
 客のアナルに触れる時のビジネスマナー、いわばアナルマナーがあるとして。
「お客様の大切なアナルに触れる前に汚い小銭に触るのはアナルマナー違反」なのか
「お客様の大切なお金を頂くのにアナルに触れた汚い手で受け取るのはアナルマナー違反」なのか。
 私は前者だと思うのだけど。
 正しいアナルマナーの確立が急がれるね。

手を洗おう

 男はトイレに行った後に手を洗わないやつが多いね。小の後は特に。
 あれはどういう心理なのだろうか。男の場合、それを触らないでも最後まで用を足せてしまうので、洗わなくていいと考えてしまうのだろうか。確かに、汚いものに触れていないのならば洗う必要はないわけで彼らは何も間違っていない。
 いやいや、そもそもトイレ自体様々な雑菌がうようよ蔓延する汚い場所であり、また本邦では古来よりトイレは不浄なものとされているのだから、当然出る時には清められなければならないのだと洗わない派に反論できるであろう。
 ようは、ち◯こは汚いから洗うよ派とトイレは汚いから洗うよ派がいて、ち◯こ派はち◯こに触れなければ洗わないわけだ。
 ところで、コンビニのトイレやパチンコ屋のトイレなど驚くほど清潔な(清潔さを感じる)トイレがありますね。これからトイレがどんどん清潔になっていくとトイレ汚いよ派は手を洗わなくなっていくのでしょうか。それとも、やはり排泄行為をする場所自体に不浄を感じ手を洗うのでしょうか。トイレが綺麗になればなるほど手を洗わなくなる。そんな皮肉は成立するのでしょうかね。
 まあどうあれトイレの後は手を洗うべきだと思います。男女問わず手を洗わない方はちょっとね。

 さて、私は経験がないのでわからないのですが、人間便器プレイの直ぐ後に女王様は手を洗うのでしょうか。大事なのはプレイ全体が終わった後ではなく、直ぐ後にという部分です。おそらく、人間便器プレイの後に手を洗う女王様など存在しないのではないでしょうか。
 崇拝する女王様はトイレ行った後に(時と場合によっては)手を洗わないタイプの人間だったのか。

 いやいや、結局のところ人間便器はあくまで人間であって、そこには便器はなく、排泄行為は存在しないという認識なのでしょう。あくまでプレイであると。
 女王様に思わず手を洗わせるほどの便器化は果たして可能なのか。
 …無理なのだろうな。研ナオコさんもこう歌ってはる。
 かもめはかもめ 孔雀や鳩や ましては便器にはなれない
 人であることの悲しさとはつまりはこういうことなのだろう。

オナニーが紡いだ栄光への架け橋

今やアイドルの枠を越え、国民的なスターである木村拓哉。彼のブレイクのきっかけはなんであろうか。ドラマで見ていけば『あすなろ白書』や『若者のすべて』辺りになるのだろうか。確かに、あすなろ白書のキムタクは競演俳優と比べても別格で格好良かった。歌手SMAPで考えるならば『青いイナズマ』か。『夢がMORIMORI』というバラエティー番組も忘れてはならないだろう。
ただ、木村拓哉が木村拓哉という特別なアイコンになったきっかけはこのどれでもないと私は思っていて。
キムタクの栄光はとあるバラエティー番組で、糸井重里や大槻ケンジ辺りとアイドルなのにオナニーの話しをしたときに始まったのではないのかなと。あれはまさしく革命的だった。
考えてみると、今のアイドルはオナニーの話ししないね。木村拓哉が空けた風穴を利用しようとは思わないのだろうか。キムタクのようになりたいと思うならば、ドラマやバラエティー番組に出るだけでは足りない。オナニーの話しをするべき。何だったら先人を越えるべく乳首オナニーやアナルオナニーの話しもするべき。

M男的には正しい日本語表現

虫歯が痛い。
と書く。
何だか違和感がある。しっくりこないというか、腑に落ちないというか。
なので、
虫歯が痛む。
と書き直す。
今度はしっくりくる。
虫歯が痛い。
虫歯が痛む。
日本語としてどちらが正しいのか、あるいはどちらも間違っているのか、どちらも正しいのか、学がないのでよく分からない。ただ、自分の肌感覚としては虫歯が痛むの方が書いてて腑に落ちる。なので、そちらを選ぶ。

で、次の例なのですが、
勃起が収まらない。
勃起が止まらない。
これはおそらく、勃起が収まらないが正解なんですよね。でも、私の肌感覚としては勃起が止まらないの方こそが正しいのです。
男ならわかると思うのですが、我々はちんこを沢山持っているわけじゃないですか。肉体的にはちんこは一つだけど、心中には多くのちんこを持っているわけです。それがエロに遭遇した時、種子が開き花が咲乱れるように、身体の、そして、心のちんこが次々と勃起していく感覚は、止まらないという表現がふさわしい!
できることならペニバンを身に付けた女性にもこの止まらない感覚を味わってほしいものです。あるいは、味わってもらえるような魅力的なM男でありたいものです。
ただ、
勃起が収まる。
勃起が止まる。
だと、収まるが正しく感じてしまうのですけどね。

それと、勃起は砕けない
という気概を持つ時ありますよね。CBTプレイ等で酷い目にあっても、俺の勃起は砕けねえぜ的な。

プロフィール

makoto139

Author:makoto139
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム