FC2ブログ
Log in | Home

あらゆる物事をM視点で語るブログ

日々妄想

受け継がれる魂

 今の10代20代位の方は汲み取り式のトイレを使用したことがあるのだろうか。ふと気になったので検索してみたところおよそ30%の方が使用したことがないという調査結果が出てきました。
 くみ取り式トイレ(ボットン便所)を使ったことがない人を調査!20代は3割が未体験
 意外と多いなという感想です。私はむしろ70%位の方が使用したことがないと思っていました。皆さん登山やキャンプ等で自然豊かな場所に行った時に遭遇したりしているのかな。あるいは野外音楽フェス等での仮設トイレか。
 私も勿論使用したことあります。祖父の家が汲み取り式トイレでしたからね。子供の頃は長い休みのだびに遊びに行ってましたから、結構な回数使っていたはずです。
 いや、嫌でしたね。何回使っても慣れなかった。祖父も祖母も祖父の家も大好きでしたけど、トイレだけがとにかく嫌だった。
 建てつけが悪く開け閉めするだびに不気味な音が鳴る扉。ところどころが欠けた古びた赤茶けたタイルの床。手触りが何とも気持ちの悪い土壁。そして、ぽっかりと口をあけた和式トイレ。その口を覗くと暗闇が広がっていて。
 落ち着かない、尻の据わりが悪い感覚。
 何かがいる、というより、何かがある、そんな実感もあって。
 居心地が悪い。
 そこは楽しい場所である祖父の家ではない、別の場所だと思っていた気がします。
 きっと子供の頃の私にとって祖父の家のトイレは異界だったのでしょう。いいえ、今の私にとってすら異界であるように思います。
 そして「別の場所」であるという感覚はやはり、汲み取り式トイレだからこそ覚えるものであるように思います。どんな辺鄙な場所、不気味な場所であろうと、そこが水洗トイレであったら異界感は薄れてしまうのではないでしょうか。少し前に「トイレの神様」という曲が流行りましたが、トイレに神様がいるという発想は汲み取り式トイレならではな気がします。水洗トイレには神様はいないね。
 では何故、汲み取り式トイレには異界感があって、水洗トイレにはそれがないのか。わからないとしか言いようがありません。やはりあの穴が鍵なのでしょうか。
 とはいえ、実感として誰もが感じるはずです。汲み取り式トイレにはあり水洗トイレにはないと。
 トイレの水洗化によって神は死に、異界は消え去った。代わりに我々は「ここではないどこか」ではなく「ここである」という、言い換えれば居心地のよさを得たわけだ。そこでは本も読めるし、何だったら食事すらできる。
 そうなると贅沢なもので、汲み取り式トイレという異界が懐かしく思えてきたりもします。祖父の家の汲み取り式トイレ。もうありませんが。
 汲み取り式トイレはいずれなくなるのでしょう。もう戻れはしない。
 ならばせめてその魂は受け継ごうではないか。

頭を踏み、尻でも踏む

一説では成人女性の3割が女王様プレイの経験があるだといわれる昨今、プロ女王様には高度な技術が要求されています。
例えばM男を踏むにしても、それだけでは素人でもできる。プロを名乗る以上はM男の頭を踏むと同時に言葉責めで韻を踏む位はやってのけなければ。
「そんな事いわれても韻なんて踏んだことない」という韻弱者の貴女にはこれ。
韻ノート
検索窓に単語を入れるだけで、韻を踏んでいる単語を教えてくれる優れものです。

「yo!yo!お前なれよ人間椅子。してやるよ私の実験器具。」

こんな感じで頭を踏みつつ韻も践めば、M男はあなたに夢中になるはずです。
つまり、耳に焼き付く。後で気がつく。そして、ニヤつく。ことでしょう。

セクハラについて

セクハラ問題を矮小化、相対化する理屈に「ただしイケメンは除く」「ただしイケメンは許す」があります。おっさんだと許されない事でもイケメンなら許されるんでしょという理屈で、例のなんちゃら次官の発言だっておっさんだからアウトだったんでしょとなるわけですね。
どうなのでしょう。一分の理もないとはいいませんが、やはり大抵の場合はイケメンだろうがなんだろうがアウトなのではないでしょうか。
一般的な例で考えてみましょう。男たるもの誰しも、麗しの中谷美紀様に金玉蹴られたいと思うものです。ですが、いつどこでも金玉蹴られたいと思うでしょうか。思いません。
仕事中突然美紀様が「金玉蹴りたい」と仰ったら、戸惑い、時には不快にも感じるのではないでしょうか。
感じる?感じますとも。
こちらだって年がら年中金玉蹴られたいと発情しているわけではないのです。
金玉蹴るのだって適切な時と場所がある。つまりそういう事です。
金玉とは、仕事等の雑事から解放され、ふと「ああ、金玉蹴られたいな。…いや、やっぱり痛いからな、蹴られたくないな。でも…」というような時にこそ、蹴るものなのです。
皆さんも金玉蹴る時には気を付けましょう。
良い金蹴りライフを。
…何の話でしたっけ?

映画感想

『シェイプ・オブ・ウォーター』観ましたよ。

冒頭にいきなりオナニーがあって、途中一人よがりのセックスがあり、そして、愛ある異種間性交。
どのシーンが美しく描かれているのかは言うまでもなく。若干あざとさは感じなくもないけど、やはり胸を打ちます。
私も胸を張って愛あるペニバンセックスに励みたいと思います。相手いないけど。
それと、主人公の女性がよっしゃセックスしたろと決意した時の表情がエロくていいんですよね。
行為後のエロガールズトークも生々しくて良いですし。
おすすめ。

いつかどこかの精液

精液が消える。そんな体験をした事はないだろうか。
自慰したあと、何気なくティッシュを開いて確認してみる。
ない。間違いなく出して、確かにティッシュで受けとめたはずなのに。
下を見ても、上を見渡しても、カバンの中も、机の中も、探してみたけれど、ない。
匂いと放出した感触だけはあるのに、精液だけが消える。男性なら一度や二度は覚えがあるはずだ。
ミステリーである。一体なにが起こっているのか。証拠は乏しいが、いくつかの仮説は立てることができる。
その中で私は「精液タイムトラベル説」を押す。
つまり、射精の瞬間になにがしかの理由によって時空に歪みが生じ、精液はここではないいつかの時代のどこかへ飛ばされたのだと。
例えば、上杉謙信が武田軍に送った塩の中に。
例えば、長嶋茂雄が天覧試合に打ったサヨナラホームランのボールと共に。
逆に私達は時空を越えた精液を目にした事があったはずだ。
こんな体験に覚えはないだろうか。遂10秒前にはなかったはずの精液が目の前の床に忽然と現れる、そんな体験だ。
それは織田信長と森蘭丸が愛しあった末の精液がタイムトラベルした代物なのかもしれない。
或いは、夢精なんて現象はタイムトラベルした精液がたまたま寝ている男のパンツの中に入り込んだだけなのかもしれない。
愛する女性に着床するはずだった精子が見知らぬ男のパンツの中に。悲劇である。

…何て事を切羽詰まった深夜1時の職場で妄想していた私はもうダメになっているのでしょう。
よし転職しよう。
プロフィール

makoto139

Author:makoto139
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム